伊弉諾神宮:淡路島最強パワースポットの見どころやアクセスや駐車場について解説

記事の概要

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)

おすすめ度

国生み神話の神である『伊弉諾命(いざなぎのみこと)』と『伊弉冉命(いざなみのみこと)』を祀る神社。御祭神がこの夫婦神であることから、夫婦円満、安産子授、縁結びを始めとする多岐にわたるご利益が享受できます。

こんな旅好きにおすすめ
  • 古事記・日本書紀などの神話に興味がある
  • 歴史ある神社仏閣を巡りたい
  • 国生みの地で御朱印巡りをしたい
  • パワースポットで運気をアップしたい
  • スピリチュアルな話題が好き
観光のポイント

より楽しむコツ

  • 国生み神話の基礎知識を予習
  • レンタカーで効率よく移動
  • カップル・夫婦での参拝がおすすめ
  • 他の神話ゆかりの地と合わせて参拝

気をつけたい点

  • レンタカーは事前に予約しておく
  • バス移動だと時間のロスが多い

Marc
こんにちは、Marc (@marc_nomad) です。

今回は淡路島にある国生み神話ゆかりの神社『伊弉諾神宮』を紹介します。

全国でも数少ない『神宮』が付く格式の高い神社であると同時に、その御利益の多さから淡路島で最強のパワースポットとしても有名。

数ある国生み神話ゆかりのスポットですが、その中でも淡路島に来たら必ず訪れたい場所のひとつです。

この記事でわかること
  • 伊弉諾神宮の神様やご利益
  • 伊弉諾神宮へのアクセスや駐車場の情報
  • パワースポットやスピリチュアルに関する見どころ

この記事はこんな旅の疑問を解決するための情報をまとめました。これから旅行をする方の参考になれば嬉しいです。


この場所を含むおすすめの観光コース

このサイトの運営者

Marc

Marc (@marc_nomad)

  • フリーランス歴10年以上のノマドワーカー
  • 全都道府県への旅行達成済み
  • 神社仏閣巡り歴10年以上
  • 日本百名城巡り(達成率70%)
  • 沖縄離島の総宿泊数80日以上

目次

伊弉諾神宮とは?何て読む?

伊弉諾神宮は『いざなぎじんぐう』と読みます。初見で「なんて読むの?」という方も多かったのではないでしょうか。

淡路島中央部にある神社で、日本に数ある神社の中でも特別な存在。その理由は、この神社で祀られている神様が国生み神話に登場する、『伊弉諾命(いざなぎのみこと)』と『伊弉冉命(いざなみのみこと)』だからです。

二神は淡路島を皮切りに、日本の島々と多くの神々を産み出しました。

その『国生み・神生み』を終えた伊弉諾命が、淡路の多賀の地を『幽宮(かくりのみや)』として余生を過ごされたと言います。その跡地に鎮座しているのが現在の伊弉諾神宮です。

よって日本最古の神社の一つでもあり、全国に24社しかない『神宮』がつく神社の一つであることからも、その格式の高さを伺うことができます。


Marc

『日本人の心のふるさと』と呼ばれるのは伊勢ですが、国生み地である淡路島、そこに鎮座する伊弉諾神宮も個人的にはそれに近いような気がしています。

伊弉諾神宮へのアクセス

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次